ポイントカード導入とアプリ化するメリット

ポイントカードシステムを店舗にて導入すると、一番期待できる点は来店促進と販売促進です。

ポイントは発行した店舗専用の通貨のようなもので、通貨があるなら使いたいと衝動に駆られます。どこでも使えるわけではないため使える店舗に行くことになり、再来店や再購入のきっかけづくりに役立ちます。多くのポイントカードシステムには、顧客管理システムが付随されています。

カード作成時に、登録したお客様のデータなどからお客様の住所や購入や利用頻度などをデータを抽出・分析することができます。顧客データを分析できると、どのようなエリアを重点的に販売促進していけばよいのか、隠れたニーズを見つけ出すことも可能です。

顧客データは経営戦略を練るとき重要なデータです。顧客データの管理は紙のスタンプカードでは大変難しいため、管理システムとして活用することができるポイントカードは重宝されます。システムを導入するメリットは顧客育成につなげることができます。

ポイントは店舗側からお客様への還元です。還元されたことによってお客様は得をしたという感情が産まれます。

還元してくれる店舗に対して、お客様は店舗への愛着を持つようになり、最終的には顧客満足度のアップに繋げることができ、リピーターの獲得をすることができますが、アプリに内蔵させるとさらなるメリットに繋げることが可能です。

アプリを導入すると、印刷や発行コストを削減することができ、お客様の持ち忘れを防ぐことができます。アプリ化するとお客様の財布もすっきり整理することが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *