多くの企業がオウンドメディアを運営する理由

ここ数年で頻繁に耳にするようになったインターネットワードである「オウンドメディア」とは、企業が自社で運営するウェブサイト上のメディアの種類の1つです。

メディアという言葉から想像するのはさまざまな読み物コンテンツを保有するウェブサイトかもしれませんが、それだけでなく、社内の人が書き綴るブログもオウンドメディアと言えるでしょう。

企業がオウンドメディアを立ち上げ、運営するメリットは、検索サイトやSNSからの自社メディアへの流入をつくることで自社製品の宣伝ができることがあげられます。他社のメディアに掲載してもらうためには広告費用がかかることも多々ありますし、他社のブログなどでの紹介は基本的にはコントロールできないこともあります。

そういった面から、オウンドメディアは費用と内容を自社でコントロールできる広告宣伝ツールとして取り入れる会社がどんどん増えているのが現状です。
また、自社製品の宣伝だけでなく、企業理念やその企業が打ち出したい世界観をPRする場としてオウンドメディアを活用するケースも増えています。

ウェブサイトが乱立する今、読む側もコンテンツに慣れてきています。あまりにも宣伝色が強いと記事そものが好んで読まれない可能性もありますので、「読んで楽しい」「読むと役に立つ」「まわりの人にSNSでシェアしたい」と思わせる内容から、結果としてその会社の製品を買いたいと思わせるクオリティの高いメディアづくりが成功の秘訣です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *