オウンドメディア制するものがネットを制する

オウンドメディア(ownedmedia)とは、個人や企業などの組織が自ら所有し発行・発信するメディア媒体です。

メディア媒体には、広告で広げる「ペイドメディア(PaidMedia)」とSNSなどで自然発生的に拡散する「アーンドメディア(EarnedMedia)」があり、これら3つを合わせて「トリプルメディア」と呼びます。

今までは大手メディアのペイドメディアが主流でしたが、広告で溢れるネットでは近年その影響力は弱まり、台頭してきたのがオウンドメディアです。

これは企業だけでなく個人のブログやホームページ、SNSも含まれます。日々の有益な情報発信や面白いネタを提供することで信頼や評判が高まり、多くの人にたいし影響力が強くなり、商品販売や情報拡散力が強まるというメリットがあります。これは大手企業のような大きな資金を持っていない中小企業や個人でもオウンドメディアをうまくブランディングし活用することで、広い範囲にもターゲットとしている対象にも影響力を持つことができます。

弱みとしては一朝一夕で構築できないということです。いくら広告費を出しても対象者と信頼関係ができていないとメディアとして影響力がありません。信頼関係を得るには日々有益な情報を発信し続けるという地道な作業が欠かせません。

その築き上げた信頼関係こそがオウンドメディアのもっとも強い武器になります。

オウンドメディアは大手企業だけでなく予算や広告費、知名度や影響力が最初はなくても正しいブランディングができれば誰でも自分のメディアの影響力を持てるということが最大のメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *