オウンドメディアは自社が所有するウェブサイトなど

ウェブマーケティングはインターネットを活用したビジネスモデル、従来のマーケティングに加えてウェブを使う事でより多くの人々にアピールが出来る、興味を持ってくれたユーザーがオウンドメディアに集結すると言われています。

オウンドメディアは自社が所有しているウェブサイトやブログなどのメディアの総称です。

オウンドメディアに注目が集まった理由の中には、対比するペイドメディアやアーンドメディアに注目が集まったからです。ペイドメディアはPPC広告やバー広告などのような支払いを伴い費用対効果を期待するメディア、アーンドメディアは信用や評価の獲得を目的としているソーシャルネットワークなどになります。フェイスブックやTwitterなどに代表されるソーシャルメディアの普及は加速度を増していると言っても過言ではありませんが、ソーシャルメディアの普及や多様化により、企業とユーザーの接点となる部分についても多様化されています。

この中で、それぞれのメディアを統合する、補完する、企業評価を相乗的に高めてくれるのがオウンドメディアになるわけです。

更に、最近ではコンテンツマーケティングに注目が集まっています。コンテンツを重視した作り込みは検索エンジンから評価を高める効果を期待出来る、現代はネット上の情報量が増加傾向にあるので、情報を求めるユーザーは様々な情報を入手出来る便利な時代です。

そのため、商品アピールだけではユーザーを確保する事が難しい、商品とは切り離し、ユーザー視点での情報提供が必要になって来ます。

このような役割を持つメディアが求められる現代において自社所有のメディアに注目が集まっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *