オウンドメディアのメリット・デメリット

オウンドメディア(Ownedmedia)とは、オウンド(owned)=所有する、メディア(media)=媒体で。企業や個人などが自らが所有するホームページやブログ、さらにSNSなどを意味します。

オウンドメディアのほかに、「ペイドメディア(PaidMedia)」と「アーンドメディア(EarnedMedia)」を合わせてトリプルメディアと呼びます。ペイドメディアは大手企業など広告費を出し露出を増やすメディア、アーンドメディアはSNSなどで自然に拡散し広がっていくメディアです。

オウンドメディアのメリットとしては、予算や知名度がなくても信頼や評判があれば対象者に広められるということです。日々情報発信をすることで対象者と距離が近くなり、今まで主流だった大手企業の一方的かつ大量露出で広まるペイドメディアとは、違い双方向のコミュニケーションも取ることができより密接な信頼関係を対象者と築くことができます。

これはどんなに知名度や予算があっても太刀打ちできません。それほど近年のメディアは双方向のコミュニケーションと信頼関係が大きく関係し、その繋がりで一気に拡散し非常に強い影響力を発揮します。

デメリットとしては今や誰もがSNSを使って情報発信をする時代で、誰もがオウンドメディアを持っているということになり、その中で差別化を計り注目してもらうには日々の有益な情報発信だけでなく正しいブランディングが必須となってきます。そのためには正しい戦略を練った上でのブランディングが重要で、それができなければただの自己満足の情報発信で終わってしまいます。

影響力あるオウンドメディアとは、魅力的なコンテンツと日々の情報発信、信頼関係なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *